こんな症状・病気に悩んだら

SYMPTOMS

ホーム     こんな症状・病気に悩んだら   【胃潰瘍 症状チェックリスト】お腹・背中の痛みや下痢、発熱に注意!

【胃潰瘍 症状チェックリスト】お腹・背中の痛みや下痢、発熱に注意!

胃痛の男性

胃の病気と聞いて、「胃潰瘍」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?ストレスや暴飲暴食が原因と思われがちな胃潰瘍ですが、実はそれだけではなく、胃の中のピロリ菌や、服用している鎮痛剤などが原因ということが分かってきました。

今回は胃潰瘍の症状と原因や治療法についてお話をしていきます。放っておくと怖い胃潰瘍について、しっかりと知っておきましょう。

胃潰瘍とは?

食べ物は胃に入ったあと、胃液により消化されます。この胃液は強い酸性なので、胃は胃粘液というものを出して自らを守っています。胃粘液は胃酸から胃壁を守るバリアのようなものだとイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

しかし、さまざまな原因でこの胃粘液の分泌が正常に機能しなくなると、強力な胃酸によって、胃壁がえぐれてしまいます。これが胃潰瘍です。

重症化すると、胃に穿孔(穴)ができてしまいます。こうなると手術が必要で、一刻を争う自体になってしまいます。

胃潰瘍の主な症状

胃潰瘍の患者さんが訴える症状には下記のようなものがあります。下記の症状がないかどうか、セルフチェックをしてみましょう。

・腹部の痛み
みぞおちのあたりが痛むと訴える患者さんが多くいらっしゃいます。また痛み方には個人差がありますが。最初はじわじわと胃のあたりが痛みだし、それがやがて強い痛みになってくるケースがあります。また、いきなり痛み出す患者さんもいらっしゃいます。また腹部の痛みを胸の痛みと認識してしまうため、胃の病気だとは認識できないことも。

・背中の痛み
症状が進行した胃潰瘍の場合は背中側の痛みを訴える患者さんがいらっしゃいます。

・下痢
下痢のほか、黒色便という便が出る場合は胃潰瘍を疑ったほうが良いでしょう。吐血をするケースもあります。

・発熱など
発熱のほか、食欲減退などの症状が起こることもあります。風邪の症状と見分けがつきにくいため、気づきにくいこともあるので要注意です。

胃潰瘍の原因はストレス?

薬

胃潰瘍を引き起こす要素はさまざまです。よく胃潰瘍というと「ストレス」や「暴飲暴食」などを思い浮かべるかもしれませんが、ヘリコバクター・ピロリ菌が胃のなかに多く存在していると、胃潰瘍のリスクが高まることが分かっています。胃のなかにピロリ菌がいるかどうかは検査によって確認できるので、ピロリ菌が見つかった場合は除菌治療などをおこないます。

また、注意したいのが鎮痛剤の服用方法です。NSAIDs(エヌセイズ)潰瘍と呼ばれていますが、市販や処方される一般的な鎮痛薬(NSAIDs)が、胃壁を傷つけやすいということが分かっています。

これらの鎮痛薬は薬局などでもすぐに手に入るため、若い方からご年配まで服用している方が多いかもしれませんが、服用方法を誤ると、胃を荒らしてしまう可能性があるため注意が必要です。(ご年配の方の場合、関節痛を和らげるために飲んでいる鎮痛剤が胃を荒らしてしまい、痛みが起こる場合があります。)

鎮痛薬を服用する際は、使用説明書に記載されている用法用量を守りましょう。

このように、胃に悪影響を与えるストレスは外的なもの(ピロリ菌や鎮痛薬など)と内的なもの(精神的ストレス)に大きく分けられますが、こうした誘因により、胃酸が分泌されすぎることで胃潰瘍が引き起こされる可能性が高まってしまいます。

もちろん、規則正しい生活が最大の予防になることは間違いありません。胃潰瘍を患う方は喫煙率が高いです。過度な飲酒なども極力控えるようにして、胃への負担を減らすようにしましょう。

がんの可能性も

胃潰瘍による検査でがんが見つかることもあります。先ほど紹介した胃潰瘍の症状ですが、胃がんにおいても似たような症状がみられることがあります。そのため、「胃潰瘍だと思っていたらがんだった。」というケースもあるのです。

胃がんの場合は、早期発見をして、治療を初期の段階からスタートすることで生存率が格段に高まります。そのため人間ドッグなどで定期的に検査をするようにしましょう。また。自覚症状がある場合はすぐに検診を受けるようにしましょう。

胃潰瘍の治療方法

説明する医師

胃潰瘍になってしまった場合はどのような治療が必要になるのでしょうか?症状の進行度別にみていきましょう。

・胃潰瘍の初期治療
ひと昔前までは手術によって治療をしていましたが、現在では内服薬で胃液の分泌をおさえることで改善を試みています。

あとは食事療法を行います。コーヒーや脂っこい食事など刺激物を極力避けるなどして、経過観察をします。

・胃潰瘍での入院
胃潰瘍の症状が進み、胃に穴が空いてしまうと手術による治療が必要となります。この場合は入院を余儀なくされるでしょう。

また、胃の出血がひどい場合は、胃カメラでの止血をおこないますが、それでも難しい場合は入院をして治療をおこなうこともあります。

胃潰瘍は診療のガイドラインがある

胃潰瘍は胃の疾患のなかでも代表的なものの1つです、そのため、「胃潰瘍診療ガイドライン」(EBMに基づく)があります。実際の診療において患者さんの状態を観察して原因を見極めて、治療方針を決定します。

こちらはあくまでガイドラインなので、病院によって治療方法が異なる可能性がありますが、ガイドラインに沿った検査・治療方法は下記のとおりです。

胃潰瘍の発見

出血がある場合は止血治療。止血が難しい場合は手術をおこなう

出血がない場合はNSAIDs潰瘍(鎮痛薬の服用による胃潰瘍)かどうかを検査する。NSAIDs潰瘍の場合、状況によっては、NSAIDs(鎮痛薬)の服用を中止したり、胃酸の分泌をおさえる薬を使用する。また、検査によりピロリ菌が原因と考えられる場合は、除菌治療などを行う

これらに合わせて食事や飲酒などに関する生活指導を行います。

もちろん、すべてこの流れで治療が行われるというわけではありません。しかし、胃潰瘍に関しては治療方法がほぼ確立されているので、まずは病院で診察を受けることが早期発見・症状の改善に大切なのです。

まとめ

胃潰瘍の症状や原因、治療方法について説明をしました。ストレスや生活習慣だけではなく、胃のなかのピロリ菌や鎮痛薬が胃潰瘍の引き金になっていることがお分かりいただけたでしょうか?

胃潰瘍の原因を見つけ出し、根本から解決しないと胃潰瘍を繰り返してしまう可能性が高まります。また、「胃潰瘍だと思っていたらがんなどの悪性腫瘍だった」というケースもあるため、症状を感じたら早めに医師の診察を受ける、定期検診を受けるなどして、早めにケアをするようにしましょう。

内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

ピロリ菌の除菌方法や費用、胃がんとの関係を徹底解説

2018.03.12

ピロリ菌の除菌方法や費用、胃がんとの関係を徹底解説

詳しく見る

大腸ポリープの症状と原因。全てが大腸がんになるわけではないの?

2018.07.09

大腸ポリープの症状と原因。全てが大腸がんになるわけではないの?

詳しく見る

逆流性食道炎の時の食事。注意点やコンビニで揃う献立をご紹介

2018.02.21

逆流性食道炎の時の食事。注意点やコンビニで揃う献立をご紹介

詳しく見る

外来診察担当表

 
午前
9:00
~
12:00
院長 院長 岩山
(女医)
院長 院長 交代制※ 休診
下郷
友弥
午後
17:00
~
19:00
院長 下郷
友弥
休診 院長

下郷友弥
坂根 休診 休診
検査

手術
(予約制)
 
カメラ

大腸
カメラ

カメラ
(午前)

カメラ

大腸
カメラ
     

※ 第1土…下郷友弥  第2土…院長  第3.4土…横田

アクセス

〒458-0044 愛知県名古屋市緑区池上台2丁目266番地 駐車場収容台数36台

大きな地図で見る

地下鉄 鳴子北駅より

地下鉄鳴子北駅(2番出口)より市バス鳴子14号系~池上台下車。又はタクシーにて約6分。

名鉄 鳴海駅より

名鉄バス(1番乗場)より「池上」下車、又はタクシーにて約10分。

採用情報はこちら

当院へのお問い合わせはこちら:052-891-5111

当院へのお問い合わせはこちら:052-891-5111

052-891-5111午前:9:00~12:00 午後:17:00~19:00
休診:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日