こんな症状・病気に悩んだら

SYMPTOMS

ホーム     こんな症状・病気に悩んだら   これっていぼ痔の症状・・・?お尻にできものができてしまったら。

これっていぼ痔の症状・・・?お尻にできものができてしまったら。

セルフチェック

お尻のできもの=いぼ痔なの?

ふと、お尻にできものができていた場合、「いぼ痔ができてしまったかな…?」と心配になる方もいるかもしれません。よく、お尻のできものといえば「痔」を連想する方が多いものの、痔にはいくつか種類があり、症状もそれぞれに特徴があります。

今回は、いぼ痔の症状についてくわしく解説をしていきます。もし、お尻にできものがあったり、違和感を感じている方がいれば、これから説明する症状に当てはまるかどうかセルフチェックしてみましょう。ただし、自己判断だけでなく必ず専門医の診断を受けることをおすすめします。

実際に、訪れる患者さんのなかにはいぼ痔と診断される方も多くいらっしゃいます。しかしながら、痔だと思っていたらほかの疾患だったということもあります。これは医師が直接患部を確認し、診察を行われなければわかりません。

例えば、痔のほかに考えられる疾患としては次のようなものが挙げられます。

・直腸脱

腸の粘膜がうらがえってしまい、腸の一部が肛門外に飛び出している状態です。高齢の女性の場合は、肛門周辺のゆるみが原因となって起こることがあります。

・肛門痒よう症

皮膚がただれるほか、かゆみが出る場合があります。なかには痔ろうが原因でかゆみを感じるケースも。また、真菌症と呼ばれ、肛門部にカビの一種が繁殖してしまうこともあります。これは検査で調べることができます。

・ポリープ

痔だと思っていたら、腸内のポリープが飛び出していたというケースもあります。この場合は、ポリープ切除などの治療が必要です。

そのほか、大腸がんや肛門周囲膿瘍(肛門に膿がたまってしまう状態)である可能性もゼロではありません。大腸がんは男性・女性とともに罹患数の多いがんの種類として知られています。いうまでもなく、一刻も早い治療が必要となります。

肛門周囲膿瘍は、下痢が続くときに起こりやすくなるといわれています。そのほか、温水便座の使用が原因で起こるケースもあります。この肛門周囲膿瘍も放っておくと痛みを伴い出し、まれにがん化してしまうこともあります。

このように、いぼ痔だと思っていても実は全く違う病気であることも往々にして起こります。内視鏡検査などを行ってくれる病院であれば腸内の検査も行えるため、少しでも症状が気になるようであれば早めに通院するようにしてください。(しもざとクリニックでも内視鏡検査による胃カメラや大腸カメラの検査に対応しています。)

いぼ痔の症状は、こんな特徴があります。

いぼ痔の特徴

次に、特徴的だと思われるいぼ痔の症状についてみていきましょう。あくまで「いぼ痔の場合はこのような症状が起こりやすい」というだけですので、同様の症状が出てもいぼ痔でない場合もあります。

・排便時に血が出る

排便時に赤い血(鮮血)が出る場合は、いぼ痔からの出血である可能性もあります。排便後の便器に血が付いていたり、トイレットペーパーに血がついていたりした場合は早めの受診を。痛みを伴うこともあります。


・便が残っている感じがする

排便後に、「なんとなく出し切った感じがしない」と感じることが増えてきたという方は一度、いぼ痔でないかどうかチェックしてみることをおすすめします。


・痔が飛び出している状態

痔が外に飛び出していても、指で中に押し込んでしまう方もいます。しかし、「何かが飛び出している」という自覚症状がある場合は必ず医師の診察を受けましょう。無理に指で押し戻そうとするとそこから菌が入ってしまい、炎症を起こしてしまう危険性もあります。

上記はあくまで症状の一部です。しかし、上記が当てはまる方は、一度くわしい検査を受けてみましょう。

いぼ痔が起こりやすい年代や性別について疑問に思う方も多いかもしれません。基本的には、いぼ痔は性別・年代問わずに起こる可能性があります。また、仕事中の姿勢で肛門部が血行不良になったり、妊娠や出産で肛門部の血流が阻害され痔になるケースもあります。

「自分は痔にはならないだろう」という思い込みはやめて、できるだけ診察を受けて適切と思われる治療を医師に相談してください。

外痔核と内痔核って?

お尻の前でバツを作る人

いぼ痔にも大きく分けて2つの種類があります。それが外痔核(がいじかく)と内痔核(ないじかく)です。いぼ痔ができる場所によって呼び方が変わってきます。

外痔核とは肛門の歯状線と呼ばれる箇所よりも外側(下側)にできたいぼ痔のことです。肛門の皮膚にできるのが特徴です。先ほど説明した「痔を指で腸の中に戻してしまう」という対処法ですが、外痔核の場合はもともと肛門の外側のほうにできているため指で押し戻すことはできません。そのため、無理に触ることは禁物です。

外痔核のなかには、急激に腫れて痛みを伴う「血栓性外痔核」である場合もあります。その名の通り、肛門付近の血行不良が原因で血栓ができてしまう病気です。血栓性外痔核は血行を良くすることで改善が期待できます。

一方で、内痔核は歯状線よりも内側にある粘膜の部分にできたいぼ痔のことを指します。内痔核であれば、早期に治療をすることで麻酔を使用せずに完治を目指すこともできます。

ちなみに、内痔核には症状の重さ別にグレードが設けられています。


・I度

痔核が肛門内にある状態。まれに出血がみられる程度で痛みがないことがほとんどです。


・II度

痛みや出血が少しみられることがあります。また、痔核が外に飛び出すこともありますが、自然に戻るか、指で簡単に戻せる状態です。


・III度

いぼ痔が外に飛び出してきて、なかなか簡単に戻すことができない状態です。出血量が増える場合もあり、早めの治療が必要となります。


・IV度

内痔核のなかではもっとも症状が重い状態です。痛み・出血ともに悪化し、いぼ痔も完全に外に飛び出したまま戻らない状態です。市販薬での改善は難しいと考えられるため、早期に治療を受けましょう。

肛門周辺や肛門内部は自分で確認ができない部位でもあるため、自分でどちらの痔核かを判断することは難しいでしょう。そのため早い段階での治療が推奨されます。

いぼ痔になってしまったら・・・

病院

実際にいぼ痔と診断された場合、どのような治療が必要になるのでしょうか?また、自分でいぼ痔を改善できる方法はあるのでしょうか?

まず、病院での治療ではおもに投薬(抗炎症剤など)と生活習慣の指導によって、痔が改善されていくかを観察します。内痔核の場合は、痔を硬くする効果のある「ジオン」という注射剤を使用して効果療法を行います。

血栓がみられる場合は、応急処置として血栓をそのまま手術などで取り出す治療を行います。痔が繰り返し飛び出してしまう場合は、痔そのものを手術で除去するのが一般的です。

症状の重さにもよりますが、手術は日帰りで受けられる場合がほとんどです。だからこそ、早めの受診で痔によるストレスを解消しておきたいものですね。

しかしながら、体質的に痔ができやすい方がいるのも事実です。そのほか、生活習慣や出産などのライフイベントの影響で痔ができてしまうことがあります。

自分でできる対処法は、できるだけ肛門部の血行を良くすることです。まず、便秘が続いている方はその改善を目指しましょう。

また、仕事で座りっぱなしになることが多い方は肛門部の血流が悪くなってしまう可能性があります。デスクワークで座りっぱなしになる時間が長くなってしまう場合は、スタンディングワークデスク(立ちながら作業ができる机)を活用したり、ストレッチをしたりして、血行促進を心がけましょう。

肛門治療

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

血便の原因はストレス?性別や年齢、症状別の原因

2018.06.05

血便の原因はストレス?性別や年齢、症状別の原因

詳しく見る

痔ろう(痔瘻)ってどんな病気?痔ろうの症状や原因についてご存知ですか?

2018.09.27

痔ろう(痔瘻)ってどんな病気?痔ろうの症状や原因についてご存知ですか?

詳しく見る

突然の下血!原因は何!?おしりから出血してしまった時の対処法とは

2018.08.22

突然の下血!原因は何!?おしりから出血してしまった時の対処法とは

詳しく見る

外来診察担当表

 
午前
9:00
~
12:00
院長 院長 岩山
(女医)
院長 院長 交代制※ 休診
下郷
友弥
午後
17:00
~
19:00
院長 下郷
友弥
休診 院長

下郷友弥
坂根 休診 休診
検査

手術
(予約制)
 
カメラ

大腸
カメラ

カメラ
(午前)

カメラ

大腸
カメラ
     

※ 第1土…下郷友弥  第2土…院長  第3.4土…横田

アクセス

〒458-0044 愛知県名古屋市緑区池上台2丁目266番地 駐車場収容台数36台

大きな地図で見る

地下鉄 鳴子北駅より

地下鉄鳴子北駅(2番出口)より市バス鳴子14号系~池上台下車。又はタクシーにて約6分。

名鉄 鳴海駅より

名鉄バス(1番乗場)より「池上」下車、又はタクシーにて約10分。

採用情報はこちら

当院へのお問い合わせはこちら:052-891-5111

当院へのお問い合わせはこちら:052-891-5111

052-891-5111午前:9:00~12:00 午後:17:00~19:00
休診:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日